Advertising

fatherand mom porno


こんにちはます。 私の年齢は38歳です。 私はイスタンブールに住んでいます。 何年もの間、私はいつも持っています
ダブルスで三位になりたかった。 3年間、私は私の夜を過ごしました
インターネット上で。 このような別の日、インターネットをサーフィンしながら
、私はカップルに会った。 セジンさんとエメルさん (名前が変更されました。)
彼らは、信頼性が高く、清潔で、プライバシーを気にする友人を探していると言いました
. 最初の日は愛を作るのに費やされました。 エメルさん
彼女の言葉で良い女性だった。 私達は私達の電話番号を与えることによって切った。 私たちの他の会議では、それはチャットと開始に費やされました
セックスは再び話す。
エメルさんは愛を作るのが大好きでした。 彼らは自分の写真を見せ始めました
. 彼女は完全な胸と腰を持つ女性でした。 立ち止まって
彼はキス、女の舐め、お尻の性交を愛していました。 彼の妻Sezginと一緒に
Bey、彼らはグループのセックスファンタジーを実現したかったです。
私たちの話がこのように起こっている間、彼らはある夜私に電話しました。 彼らはそれが夜遅くだったと述べました
22:00頃に来ていただけますか? 私は非常にあった
興奮した。 私の心はポンドし始めた。 私はイエスと言ったと
車に飛び乗った 私の方法は少し遠くだったので、そして約時間後に
私は彼らが望んでいた場所に来ました。 まず、Sezgin Beyが階下に来て、私を迎えました。
それから彼は車の中で少し乗りたいと言った。 セジン-ベイの車に乗った
歩き回っていました Sezginは、彼らが興奮していると説明しました。
彼は私に彼の妻と彼が望んでいなかったことを何もしないように指示しました。 私のためにたくさん
彼は多くの質問をし、私は彼の質問に答えました。 彼は私のディックを見たいと言った
. 私は彼が私の体がきれいだったかどうか疑問に思った彼を示した。
彼は私のディックが大きくて厚いことを見て幸せでした。 エメルさんは
大きい用具について空想すること。 私は家に帰るのを待っていた間、私たちは、彼らの家に来ました,
彼の妻エメルが来て、私たちは車に乗った。
私たちは家に帰るつもりだった場合、私は尋ねました。 彼らは言った、のは、車の中でそれをやろう、我々は車のファンタジーを持っています。 エメルさんは
非常に魅力的な女性、約170メートル背の高い、小麦、黒い髪と黒い目を持つ
. 私はそれを見たとき、私のディックは巨大になった。 彼らは車に乗って、彼らは前にいたと私はあった
後部座席で。 途中で、エメルさんは私に私の道具を取り出すように頼んだ。
Sezginは私が恥ずかしがり屋であることを見たとき、彼は窓が撮影されたと言いました。
彼は見られないと言った 私は私のズボンを脱いで、私のディックを示した。
エメルさん:とても美しい
Sezgin氏:エメル親愛なる、あなたは私たちに見せたいものを持っていますか
エメル:確かに
、彼女は彼女の猫を示した。 彼女はその美しいタイトなドレスの中には何も着ていなかった
. 彼女のオマンコは剃られてふっくらしていた。 彼は彼女の猫を撫で始めた。 彼は私たちに言った
私たちのツールを愛撫する。 私たちは楽器を愛撫し始めました。 一方、
エメルさんはセジン-ベイの楽器を撫でていた。 私たちは車を駐車する場所を探しました,
しかし、見つけるのは簡単ではありませんでした。 セジンさんが駐車スペースを探している間、さん。
エメルは私のディックを撫で始めた。 エメルは彼女が非常に美しいと言います
、彼女の胸はふっくらと素敵です。 あなたの猫は水やりと
私はちょうど彼女が非常に楽しい女性だったことをあなたに言っていた。 エメルは非常に興奮していた。
私は彼が非常に幸運な人だったことをSezginに言いました。 エメルのような女性
本当に彼女の仕事を非常によく知っていた。
彼女は少し舐めでゆっくりと私のディックを舐めた。 しかし、私が車の中で言ったことは非常に困難でした。
彼女は前の座席を後ろに寄りかかり、私にも少し近づくように頼んだ。
それから彼女は彼女の口の中でディックを取って、私を吸い始めました。 私たちはそれをとても楽しんでいました,
友人は、それは言葉で表せないほどです。 彼はほとんど彼の口の中でそれをすべて取った。 その後
Sezgin Beyは彼の口の中で彼の道具を取って、それを吸い始めました。 Sezinの脳のツールは少しだった
短くて厚い。 それは14cm前後で、厚くはありませんでした。 セジン-ベイ
うめき声を上げ始めた。 ところで、私はエメルの胸を愛撫しようとしています。
始めました。 私たちは事故を起こすのではないかと心配していました。 セジン-ベン
点灯していない街灯の下で路上で車を駐車
. それは夜に24.00の周りでした。 一方、我々はすべての後部座席を通過し、私
彼女の女を舐め始めた。 Emelの女性Sezgin Beyは彼女のディックを舐めていた。
その後、私たちは役割を切り替えました。 Sezgin Beyは彼女の猫でEmelの女性を性交し始めました。
エメルの女性は彼女の手で私のディックを撫でながらうめき声だった。 彼のうめき声は非常に刺激的だった
私たちに。
彼は興奮し始め、”私をファックして、トーストを作る”と言って私のディックを吸うようになった。 I
Sezgin氏に許可を求めて、あまりにも性交したかったです。 彼はokと言ったとさんエメルになって、この時間は私が犯さ
彼女が、それは非常にタイトで暑かったです。 私はゆっくりと進んでいました。 この瞬間
私はそれが長くなりたかった。 それから私は加速し始めました。 エメルさん
興奮していた。 彼女はSezginがそれを楽しんでいるかどうか尋ねました。 エメルさんはイエスと言うことができました
そして、セジンは彼女の脳のツールを吸い始めました。 エメルさん
彼女が入った快楽の渦に浸っていた。 今回は、私は速く入力し始めました
. それぞれの試みで、彼らのうめき声は加速されました。 ときにエメル
私たちは射精に近いことに気づいた、彼女は私たちを取り出し、
乾杯したいって言ってた 彼女は私に彼女と性交させたかった。 彼は私と一緒に彼のお尻をファックしたくなかった。
私はソファの上に横たわっていた、さんエメルは私のディックに座って
うめき声を上げ始めた。 Sezgin Beyは後ろから入った。 彼女はゆっくりとするように私たちに言った。 エメル-レディ
それに慣れるのに長い時間がかかりました。 それは車の中で快適ではないので、簡単に入ることができます
起こっていませんでした。 その後、我々は加速し始め、最初の女性エメルはうめき声を射精しました
. それから私は私が兼するつもりだったと言った。 エメルさん
彼女の胸ではなく、彼女の内部に射精するように私に言った。 私は彼女の完全な胸に射精しました。
私は10年でそんなに射精していません。 その後、Sezgin氏は彼の猫に入って射精しました
. 私たちは汗で疲れていました。 その後、彼ら
私の車があった場所から私を落とし、私たちは一晩のためにそのような幻想を考えました。
彼らは私たちが前にアルコールを飲んでいたと言いました。 アナザー-タイム
、彼らは私たちが呼び出す前に私たちを呼び出さないように私たちを命じた。 まあ私は言った

Thankyou for your vote!
0%
Rates : 0
1 month ago 28  Views
Categories:

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In